ディスポーザーが大好きな人をサポートしています。

フタがスイッチになっています。(安全対策)

フタがスイッチの役目(フタを入れて回転させてON・OFF)を果たしています。
フタを閉めなければ、モーターは回らないため、小さなお子様がいらっしゃる場合でも安心です。

簡単リセット(復起運転)

フタスイッチによるリセット

誤って金属類を投入した場合や、生ゴミを大量に入れすぎた場合に、安全装置が働いて、ディスポーザが停止します。 こうした場合、リセット(復帰)作業を行わないと再運転することができません。

知能プログラム機能(省エネ対策)

一般的なフタスイッチ運転のディスポーザは60秒のタイマー運転です。
フロムのディスポーザは、生ごみの種類や量によって最適な運転時間を自動で判断します。
生ゴミの量が少ない時は、最短20秒で運転が終了します。無駄な運転を減らすことで、電気代や水道代の省エネになります。
また、生ゴミの量が多い時は、粉砕運転後に「ジェット洗浄」を行うことで、粉砕室内と配管内を洗浄します。

ジェット洗浄機能(粉砕終了後に自動で行います)

ジェット洗浄とは、粉砕室に一時的に水を溜め、一気に排水させることです。
水を溜めることで、粉砕室内に付着した生ゴミが取れ、
一気に排水することで、勢い良く水が流れ、配管内の洗浄効果があります。

ページのトップへ戻る