ディスポーザーが大好きな人をサポートしています。

ディスポーザーとは

キッチンから出る調理クズや残飯などの生ゴミを細かく粉砕する装置です。
ディスポーザーは、キッチンシンクの下についているゴミ溜めのバスケットを外して、そのスペースに取付けられます。
粉砕された生ゴミは台所排水と一緒に、処理槽又は下水道に放流されます。

ムービが上手く再生されない場合

ディスポーザーのしくみ

ターンテーブルについたスイング・ハンマーの遠心力で生ゴミを外壁のシュレッダーに勢いよく叩きつけ細かく粉砕する仕組みです。
フードプロセッサーのような刃物が回転しているわけではないので、消耗・交換する部品がなく費用が発生しません。
ディスポーザーは鳥骨や魚の骨のような固いものでも量に関係なく粉砕できます。

処理できるもの:生ゴミ(調理クズ、残骸)

●こんなものは入れないで

国産製と米国製との比較

国内メーカーのディスポーザーの特徴

米国メーカーのディスポーザーの特徴

ページのトップへ戻る